東邦液化ガス株式会社 HOME商業・産業用のお客さまお店や工場のみなさまCOセンサー・定期保安点検のお願い

COセンサー・定期保安点検のお願い

不完全燃焼警報センサー(COセンサー)設置の推進について

近年、全国の業務用厨房施設において一酸化炭素(CO)中毒事故が相次いで発生しております。原因のほとんどは換気設備を適切に使用していないため、ガス機器が不完全燃焼を起こして一酸化炭素(CO)が発生したものです。

この様な状況の中、みなさまに安全にガス機器をご利用いただきたいと考え、当社では業務用厨房施設(対象ガス機器:麺茹器、食器洗浄器、フライヤー、蒸し器、パン焼き器)へのCOセンサーの設置を推進しております。

COセンサーが鳴動した場合のご対応のお願い

下記の通りご対応いただきますよう、お願い申し上げます。

  1. ガス機器の使用を中止
  2. 換気扇を回し、更に窓やドアを開けて十分に換気
  3. 換気が終了すれば警報音は停止
  4. 東邦液化ガス、お客さまの本部、厨房機器メーカーに連絡
  5. 再度ガス機器を使用し、COセンサーが作動するようであれば、即座に中止

定期保安点検へご協力のお願い

当社では、お客さまのガスご使用の安全確保のため、お客さまのガス設備について法令に従い、数年に一度定期点検をさせていただいております。

お客さまには、営業日・営業時間などで便宜をお願いすることがございますが、何とぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ先
東邦液化ガス株式会社 保安管理部 保安管理グループ:TEL(052)882-3765
このページの先頭へ
ホーム
ご家庭のお客さま
商業・産業用のお客さま
LPガスとは?
企業情報