東邦液化ガス

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
ご家庭のお客さま
商業・産業用のお客さま
LPガスとは?
企業情報
東邦液化ガス株式会社 HOME企業情報基地耐震対策

基地耐震対策

名港LPG基地は、1961年に埋め立てを行った名古屋港9号地のほぼ中央に位置しています。
2002年に地盤調査及び主要設備の耐震解析を行いましたところ、地盤の液状化・流動化の可能性が高い事が判明しました。
そこで、新耐震指針による検討を行い、耐震対策を実施しました。

名港LPG基地 耐震対策

球形タンク 土中流動防止策

地盤の液状化・流動化に備えて、流動を防止する特殊なコンクリートを土中に施行しました。

球形タンクの耐震対策に関して

大規模地震による被害に備え、球形タンク各部に施策を施しました。

球形タンクの基礎及び脚柱間の補強
球形タンクの基礎を強化し、脚柱に対し補強を行いました。
球形タンク周りの配管の耐震対策
LPGが流れる配管に、曲がり箇所を設け長さに余裕を設けることで、揺れに対する安全度が高まりました。
LPGポンプの構造変更
LPGを配給する基幹部である、LPGポンプの基礎を大幅に見直し、強化しました。LPGポンプ自体も頑丈な金属ポッド内に収め、耐震性を高めています。

水害対策に関して

耐震基礎上に、新管理センター及び電気室を設置しました。合わせて、水害が予想されることもあり、新管理センターには水害対策を実施しました。
一階の床の高さを上げる事により、浸水の被害を防ぎます。
このページの先頭へ
ホーム
ご家庭のお客さま
商業・産業用のお客さま
LPガスとは?
企業情報