東邦液化ガス株式会社 HOMELPガスとは?環境とLPガス

環境とLPガス

低炭素社会に向けて、地球の温室効果ガスの削減、省エネルギーの推進、化石エネルギーの高度有効利用や非化石エネルギーの導入拡大などが今、叫ばれています。

LPガスは化石エネルギーの中でも、天然ガスとともに二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、環境に悪影響を与える硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、浮遊性粒子状物質(SPM)をほとんど出さないクリーンエネルギーです。

東邦液化ガスは、この素晴らしいエネルギー、LPガスを安定的に安全にお届けすることで、未来の子供たちが安心して暮らせる環境を守りたいと心から願っています。

地球温暖化防止に貢献

LPガスは、消費段階でも、石炭、石油に比べて環境負荷が小さいエネルギーですが、更に、採掘から消費までの全過程でのCO2排出量が少ないエネルギーです。

LCAとは「ライフサイクルアセスメント」の略で、生産から消費までの全過程で生じる環境負荷を評価する手法です。 各一次エネルギーの生産から燃焼消費までに生じる地球温暖化への影響度を、燃焼熱量(真発熱量)当たりの炭素量で表します。炭素量が多いほど、地球温暖化への影響も大きくなります。例えば、LPガスは都市ガス(天然ガス)より消費時点での環境負荷はやや大きいですが、生産から消費までトータルで見ると同等に環境負荷が小さいエネルギーです。

環境レポート

東邦液化ガスの地球温暖化防止への取り組みについて、まとめました。これからも日々、新しいチャレンジを続けてまいります。

地球温暖化防止への貢献をダウンロード(PDF:約4.5MB)

LPガスとは?

環境とLPガス
安全とLPガス
このページの先頭へ
ホーム
ご家庭のお客さま
商業・産業用のお客さま
LPガスとは?
企業情報