代表的な1日のスケジュール

8:30

出社

回覧されてくる業界紙等の確認。
9:00

始業

メールのチェック・返信、一日の予定の確認。
お取引先や社内・グループ会社からの問い合わせ対応。
11:00

実績集計

担当業務の実績確認。
13:00

外出

グループ会社やお取引先へ訪問。
課題打合せや市場動向について情報交換。
15:30

打合せ

社内の課題について部内や関係部署と打合せ。
16:30

資料制作

打合せや収集したデータを基に社内説明資料の作成。
17:40

帰宅

やり残した業務の確認や明日以降の予定の確認。

企画部では、東邦液化ガスの長期目標である2022年50万件・50万トンの達成に向けて、原料調達、特約店会の運営、営業各部の支援等を行っています。また、グループ会社の支援も行っており、グループ内の配送担当会社やガスメーター検針担当会社と情報交換をおこなうなど、お客さまと接点のある現場との連携強化にも取り組んでいます。

現在の業務では、社内の状態はもちろん、競合他社、会社の関わる業界、社会動向全般などについて幅広く情報を集め、多角的な視点で分析する力が不可欠です。また、たどり着いた解決策を事業部門などと連携して実行し、結果を出すことも求められます。したがって、問題を複数の角度から分析し原因を探るなど多様な視点を持つことや、計画を実行に移す中で困難な局面に遭遇しても、その時々で状況を見極め、打開していくことを心がけています。

LPガスそのものでは差別化できない。
それでも、当社を選んでいただく理由があります。

営業時代は、お客さまからいかにして「私から買ってもらえるか」ということを心がけていました。企画部では、「一番に当社を選んでいただけるように」ということを心がけています。LPガスの販売は、どこの会社のLPガスでもお客さまからすると同じだと自覚することから始まると思います。同一条件でライバル会社と競合したときに、お客さまから「同一条件であれば奥くんからガスを買いたい」と指名していただけたことは、今でも自信になっています。

このようなお客さまとの関係は、私だけではなく当社全体で達成している信頼関係の一部です。商品そのものでは差別化できないものを販売している当社ですが、右肩上がりで成長してきています。過去の先輩たちが築いた信頼関係を受け継ぎ、今後も誠意ある対応はもちろん、提案を交えて、何事も積極的に取り組んでいきたいと思います。

大学生のみなさんへ

就職活動はいい意味で会社を好きなように選ぶことができる期間だと思います。この会社しかないと思うのではなく、広く視野を持って欲しいです。社会人になって色々な人と話をする機会がありますが、初めからこの会社しか考えていなかったという方はなかなかいません。むしろ初めはこの仕事をするとは思わなかったという方が多いと感じます。そういった方は、「色々な人の助けや多くの失敗と成功があってここまでやって来ることができた」ということをおっしゃっています。みなさんも振り返った際にこの会社でよかったと思えるような会社を見つけてください。

2011年入社

企画部 企画グループ

奥 亮輔出身学部 / 法学部

自己紹介

職業病なのか、建物を見るとつい「これは都市ガスなのか?LPガスなのか?オール電化なのか?」と考えてみたり、室外機を見れば「これはガス空調だな」と見入ってしまったりします。休日は家でゆっくり漫画を読んだり、映画をみたりすることが多いです。長期の休暇は友人や家族と遠くに旅行に行ったりします。

これまでのキャリア

2011
三河支店 営業開発課
2013
三河支店 エネルギー営業課
2014
企画部 企画グループ

Interview思いを胸に